南伊豆町役場

TOP > 導入事例 一覧 > 導入事例 詳細「南伊豆町役場」

自治体タイプ

Vol.22 2013年静岡新聞掲載広告を転載

南伊豆町役場

HP:https://www.town.minamiizu.shizuoka.jp

光と水と緑に輝く町

南伊豆町は、伊豆半島の最南端に位置し、天城山脈より連なる山地を背にして、南・西が太平洋に開けた風光明媚な景勝地です。下賀茂温泉をはじめ、太平洋岸には弓ヶ浜、石廊崎、波勝崎を中心に特異な海岸美が造成され、自然は類い希なる観光資源を与えてくれています。
町が目指す「21世紀 わたしたちのすむまち あなたとつくるまち」を実現するため、新聞記事データベースで取り入れた情報が各種施策に反映することを期待しています。

情報の共有化を推進

奥石廊崎
南伊豆町総務課は、地震対策・消防団等を担当する防災室、人事・給与・検査等を担当する総務係、予算・起債・電算等を担当する財政係の1室、2係から成り、総務係は選挙管理委員会の事務局も併任しています。
現在のように、高度化・多様化する社会状況においては、地方の小規模自治体といえども、いち早く近隣・国内情報はもとより、国際情報も取り込み、質の高い行政サービスの提供に反映していくことが求められています。
このような中、課内の共通認識を図るため、以前から新聞の関係記事を切り抜き、課内供覧を実施してきましたが、「静岡新聞データベースplus日経テレコン」を利用し始めてからは、静岡新聞、伊豆新聞、日本経済新聞等から、必要な情報を迅速かつ確実に取得できるようになり、情報の共有化を一層推進することができるとともに、共有情報の信頼性や厚みが一段と増しました。
また、記事は必要に応じてPDFファイルで確認できるため、事務の合理化やペーパレス化にも寄与し、今や欠くことができない情報ツールとなっています。

業務の効率化は歴然

データベースを活用
住民の方々が安心して住みやすい町をつくるためには、「何に関心があり、何を求めているのか」を知る必要があります。そのために必要となるものは情報です。
今の時代、情報はインターネットから簡単に得る事ができますが、私たちが必要とする、「住民の方々に最も身近で詳しい情報」は、やはり新聞に限ります。
しかし、その新聞記事を資料として使用し、データとして保存するには、記事をコピーし、切り抜き、スキャニングするといった手間と時間がかかり、過去の新聞記事に限っては探し出すだけで相当の時間がかかっていました。
このたび「静岡新聞データベースplus日経テレコン」を導入した事で、今まで行っていた作業が劇的に簡素化され、時間と多くの情報を手に入れることができるようになりました。
これからは、この時間と情報を住民の方々のために有効活用していきたいと思います。

「自治体タイプ」の新着実績

2021.04.30

まきのはら産業・地域活性化センター

牧之原市は、日本最大級の茶産地である牧之原台地や富士山を望める美しい海岸線などの自然環境に恵まれ、お

2021.03.23

長泉町役場

長泉町は今年、町制施行60周年を迎えました。企業誘致や子育て支援の充実など、町民の皆さんとともに数々

2021.03.23

沼津市役所 企画部

東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレールートも公表され、いよいよ開催が間近となりました

2021.03.22

吉田町役場 企画課

本町は、東日本大震災以降、失われた安全・安心を取り戻すため、津波避難タワーの建設をはじめ、避難路、防

2021.03.22

島田市産業支援センター

島田市では、本年度から、今後の8年間のまちづくりの設計図となる第2次島田市総合計画がスタートします。

サービス内容