川根本町役場

TOP > 導入事例 一覧 > 導入事例 詳細「川根本町役場」

自治体タイプ

Vol.24 2013年静岡新聞掲載広告を転載

川根本町役場

HP:http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp

水と森の番人が創る癒しの里

南アルプスの前衛の山々が織りなす四季折々の美しい景観、町を南北に流れる大井川。豊かな自然に抱かれ、その恵みを享受できるまち。長い歴史の中で受け継ぎ蓄積された文化・伝統のあるまち。それが川根本町です。
川根本町では千年の学校の立ち上げ目標を基本に、「人づくり」「産業を確立させた活力づくり」「地域の特長を生かした魅力づくり」の3本の柱で夢のあるまちづくりに取り組んでいます。これらの施策を効果的に推進するために、新聞記事データベースが有用なツールになることを期待します。

読む新聞から使う新聞へ

銘茶「川根茶」の茶園風景と大井川鐵道のSL
川根本町企画課は、総合計画・過疎計画・男女共同参画を担当する「まちづくり室」、環境計画・町営バスを担当する「環境室」、そして、広聴広報・地域情報化を担当する「広報情報室」の3室からなります。
まちづくりの施策の展開には、刻一刻とめまぐるしく変化している社会情勢の中、正確で迅速な情報取得が必要不可欠です。
「静岡新聞記事データベースplus日経テレコン」は、キーワードを入力するだけで欲しい記事を容易に素早く探すことができます。川根本町に関連する記事取得はもちろんのこと、日経産業新聞や日経MJといった専門紙から施策展開の手がかりとなる記事も得られるので、さまざまな分野との連携のための情報収集など、幅広く活用しています。
これまで読むだけの新聞が活用の幅が広がり“使う新聞”になりました。このデータベースでは企業情報や人事検索のほか売れ筋ランキングなど新聞記事以外のデータも効率よく収集できるのもいいですね。

スマホアプリ制作にも活用

美しい湖面の上を渡る寸又峡「夢の吊橋」
現在、川根本町では継続的かつ積極的な情報発信に取り組んでいます。更新頻度が高い公式ホームページ、Facebookページをはじめ、今年の7月1日からはスマートフォンアプリの配信を開始しました。アプリ制作時にも全国の動きや最新情報を日々収集するのにデータベースは役立ちました。 川根本町の旬でお得な情報が満載なアプリをぜひご利用ください。

「自治体タイプ」の新着実績

2021.04.30

まきのはら産業・地域活性化センター

牧之原市は、日本最大級の茶産地である牧之原台地や富士山を望める美しい海岸線などの自然環境に恵まれ、お

2021.03.23

長泉町役場

長泉町は今年、町制施行60周年を迎えました。企業誘致や子育て支援の充実など、町民の皆さんとともに数々

2021.03.23

沼津市役所 企画部

東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレールートも公表され、いよいよ開催が間近となりました

2021.03.22

吉田町役場 企画課

本町は、東日本大震災以降、失われた安全・安心を取り戻すため、津波避難タワーの建設をはじめ、避難路、防

2021.03.22

島田市産業支援センター

島田市では、本年度から、今後の8年間のまちづくりの設計図となる第2次島田市総合計画がスタートします。

サービス内容